道の続く先

たまに更新します

準備は前日うちに

先週は月一回の診察日。
保険証と診察券を忘れてダッシュで家に駆け戻った朝でした。
月一回の診察のため保険証忘れるのは厳禁なので。

診察では依存症について教育用データの録音。
文章に起こして病院の教育用の資料の一部になるそうな。
真面目に問答をしたのに、録音されていなかったのでまさかのテイク2。
レコーダーの電池残量が心許なかったので、2回目はだいぶ駆け足になりました。
「簡潔になって良かったんじゃないかな!」と良い方に捉えるのはさすが主治医というべきか。


カウンセリングでは依存するのに続かないことについて。
根底にあるのは「どうせやっても無駄」という感覚。

依存対象ですら続かない私ですが、入院中から始めたブログは10年続いています。
当初のブログはサービス終了しすでに跡形もなく消え去りましたが。
色々なものに興味を持つうちに、そのうち長く続くものが出てくると思うことにしています。

 


速乾性があるとはいえ、セオαに比べると熱が籠るポリエステルの長着。
帯は上手く締められない上に、思った以上に立体感がありすぎる織りで、帯締め扱いたら指の皮が剥けて出血した。 

f:id:shinatonokaze:20160724154811j:image

降りそうで降らない梅雨空

先週は月一回の診察日。

朝から暑くなりそうな空気だったのに、山の上の病院はとても涼しかったです。


主治医とは思考の変換についての考察。
珍しく話聞いてもらえました。

相方さんとは以前の飲み会の際、朝帰りの挙句ゲロゲロしていたので、そういうことはしないで欲しいと話合いをしていました。
この前その相方さんが飲み会に行き、通常よりかなり早く帰宅しました。
早く帰宅したもののやっぱりゲロゲロしながら寝ている姿を見て、私は怒りの感情を抑えるのが大変でした。
『何回言ってもゲロゲロしてるなんて、アル中なんじゃないの⁉︎』と襟首掴んで詰め寄りたかったのですが、時間が経つにつれて少しずつ私の考えが変わりました。

もともと相方さんは同時に複数のことを行うのが苦手です。
今回も『早く帰らなくては!』との一心で帰宅したら、思ったより酔いが回ったのだと思います。
(徒歩で飲みに行っていました)
正直に言えば怒るより呆れますが。
それでもそれが相方さんの性格ですし、実際それはお酒以外にもよくあることです。
私が過剰反応しているのがお酒にまつわるエピソードなだけで。
また一人で空回っているのだと気づいたら、湧き出るような怒りもどこかへいってしまいました。

問題は相手との関係性の中で生まれること。
同じ問題でも見る視点を変えることが、結果的に自分が楽になる結果に繋がっている。
相手を責めるばかりではなく受け入れること。
言葉ではよく聞くけれど、今回しっくりときたのでそのことを報告。
久しぶりに主治医に褒められたわー


カウンセリングでも主治医と同じ話を。
家族のお酒について、脊髄反射をしてしまうのを早くやめたいものです。

 


このしじらの着物は主治医が絶賛してくれた。 

f:id:shinatonokaze:20160618004446j:image

 

もう少しまじめに

先週は月一回の診察日。


診察では珍しく私の話を。

この一ヶ月は人生設計から家族サービスまで色々とあったのでその報告。

以前から主治医には子供を催促されていますが、こればかりは神様に任せるしかないわけで。

「子供見たいな~」とか姑みたいなことを言わないで頂きたいと強く思うのです。

そしてできたらもう少しまじめに話を聞いてもらえると有難いです。

手にできたマメが気になるからといって、おもむろにハサミで切り出したりしないで頂きたいのです。

そういえば以前は爪切っていたなぁ・・・

目の前にいるの精神科医だよなと時々不安になります。

 

カウンセリングでは怒涛の一ヶ月を振り返り。

色々と重なって仕事を休んだりしたものの、無事に乗り切れたことをカウンセラーさんと二人で喜んできました。


五月は着るものに迷う。

f:id:shinatonokaze:20160517184629j:image

 

自分が傷つくことに鈍感なことを自覚した一日でした。

桜散りはじめ

今週は月一回の診察日。

麓の町の桜は散っていましたが、山の上の病院は桜の見頃でした。

春だからなのか、五年ぶりに仲間と再会し、お互いの生存を喜び会いました。


診察では、いきなり3000字のレポート提出を求められました。

しかも期限が4月末って急すぎるでしょ。

まぁ、頑張って書きますけどね。

 

カウンセリングでは「羨ましい」感情について。

日常生活の中であまり羨ましくなることはないのですが、カウンセリング中には羨ましいということが結構あります。

どうやら私は羨ましいと妬ましいがごっちゃになっているようです。

 

十年前には色々とお先真っ暗だった人生が、今はこうしてとりあえず平穏に生活できていることは、本当に驚きです。

 

この着物はとても評判がいい。 

f:id:shinatonokaze:20160416192826j:image

珍しく予報通りのお天気でした

先週は月一回の診察日。
花粉が目視出来るほどたくさん飛んでいました。

診察は相変わらず。
この診察は必要なのか?と疑問に思って10年近く変わらない関係が続いています。

カウンセリングでは謙虚さを忘れている原因の考察。
単に自助グループへの参加が足りていないだけともいえるのですが。
少し前に参加したプログラムで、親に対する罪悪感が刺激されたのは大きかったと思う。
昔ほど罪悪感に振り回されることはありませんが、自分の弱点であることには変わらない。

相手(親)に分からせたい。
間違っていると認めさせたい。
私の意見が正しいのだと認めさせたい。

見えない幻影に向かって叫んでいるだけと今ならわかるものの、身についた習慣はなかなか取れないもの。
「分かっていてもやめられない」アディクションと一緒で、思考は昔と変わらぬまま。
思考が病んでいると自覚できるだけ良しとしよう。



春らしい色の薔薇の羽織は、着る季節にいつも悩む。

f:id:shinatonokaze:20160316014741j:image

紫外線も時には必要だと思う

先週は月一回の診察日。
山の上の病院の周辺は風花がよく舞う地域で、この日も一日中風花が舞っていました。

診察では胃腸科への受診が今年の目標に掲げられました。
酷い症状が無いと行く勇気が出ないのは、内科だろうと精神科だろうと変わらないのかもしれません。

カウンセリングでは食事の摂り方と空腹の感じ方について。
痛み等にも言えることですが、どこまで我慢すれば良いのか分からない。
そしていきなり限界が来る。
空腹も気がつけば「もう動けない」レベルまでになってしまう。
ご飯を作るためにご飯を食べる必要がある。
外出先で突然電池が切れたように身体が重くなる。
激痛で身動き出来ないぐらいでなければ、休むべからず。
少しだるから休もう。小腹が空いたからクッキー1枚食べよう。そういう風には思えない。
痛くても動けるうちは死ぬわけでない。
思考が極端に振れている自覚はあるので、認知の歪みを矯正していくしか方法はないのだ。


近頃、謙虚さを忘れていると思う。


長着と羽織は11月と同じ。帯は岡重。
写真撮り忘れ。

ひさびさの日光浴

先週は今年最初の診察日。
いつも以上にメモがわり。

診察は相変わらず。
カウンセリングも相変わらず。
自分が思うよりも私は身勝手であるということ。


f:id:shinatonokaze:20160124163317j:image

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

今年最後の診察

先週は月一回の診察日。
すっかり冬の空気ではありましたが、陽射しがあるだけで気持ちがいいものです。

今年最後の診察は時間が無くて駆け足。
相変わらずなのでこれ以上は望みません。
今回は疲れていたので洋服で診察。
カルテに洋服のコーディネートまで書かれそうになりました。
握手をして「また来年」と言えることに感謝です。
それにしても、最近主治医がよく握手を求めて来るので理由を尋ねたら
「次にいつ会えるか分からない人が沢山だからね」
とのこと。
それはごもっともだわ。
症状が再発するだけならまた会える。
訃報を聞くことも少なくないこの病は、本当に哀しいと思う。


カウンセリングでは姉との距離について。
この春から姉夫婦が揉めていたこともあり、先日様子を見に行ってきました。
もうね。
驚くほど姉の言い分が母とそっくりで、思わず笑い出しそうになるほど。
当の姉は母を反面教師としていると自負していて、自分が母と同じことをしている自覚はない。
私の症状が酷かった時に、姉には大分迷惑をかけてきたので、出来るだけ力になれたらと思っていたものの…
話をすればするほど噛み合わず。

帰宅する新幹線のなかで今までに味わったことのないほどの頭痛と吐き気に襲われて。
薬物依存症の身としては自己判断で市販薬を飲むことが出来ないので、泣きべそかきながらの帰宅となりました。

今になって思うのは、ただただ悲しかった。
「母のようにはなるまい」と言っていた姉が、母と同じ言動をしていること。
私も身に覚えがないわけではないので尚更かな。

姉一家に平安が訪れるよう、今は祈るしかないのかもしれない。

紅葉真っ盛り

先週は月一回の診察日。
山の上の病院の周辺も紅葉で綺麗でした。
この時期は本当に美しい。

診察では相変わらず。
本当に顔を見せに行っているだけだわな。

カウンセリングでは職場での人間関係について。
4年経ってもまだ馴染めないとか色々あるのですが、それよりも自分がどれだけ周囲の人を見ていないかを知り愕然としました。
噂話は得意ではないのと、人の話を右から左に流してしまう癖があるのでそこが原因かなと。
自分の心の平安を保つために、他人との距離を取ることは大切なので一概に悪いこととは言えませんが、普通?の人が分かることが分からないことがまだまだ沢山あるのだと思います。
人間社会に揉まれずに過ごすと、後から面倒なことになるのだなぁと。


高い帯揚げは綺麗に結びやすい
f:id:shinatonokaze:20151122074620j:image